クルージャン
HOME > ウドンセットの仕掛けについて

ウドンセットの仕掛けについて

ヘラブナ釣りの仕掛けの中で、最も重要と思われる箇所がヘラウキを固定する方法ではないだろうか。 仕掛けの中で最もかさばりやすいことから、糸絡みしやすく、ここから高切れすることがあり、釣り人にとって悩ましい部分であるといえよう。今回はこのウキ止め箇所のトラブルを減少させるべく、ウキ止め方法について触れてみよう。いくつかのパターンを取り上げ、その特徴や良さについて説明しよう。



パターン(1)「ウキ止め&ウキゴム」

パターン(1)「ウキ止め&ウキゴム」市販のウキ止めゴムとウキゴムのコンビネーション。
一般に市販されているウキ止めゴムとウキゴムを使ったウキ止めシステム。
ウキ止めゴムはウキに合うものでも、できるだけ小さなサイズで、使用する道糸とマッチしたものが必需だ。サイズ的にはボディーが6cm以上ある、ある程度ボリュームのあるものがマッチすると思われる。


パターン(2)「ウキ止め糸&ウキゴム」

パターン(1)「ウキ止め&ウキゴム」市販のウキ止め糸&ウキゴムのコンビネーション。
ウキ止めゴムがウキ止め糸に変わったパターン。
水の抵抗が若干減るので、比較的小さなウキにも対応する。ウキ止めゴムを通し、仕掛けをある程度作った状態からでも取り付けることが出来るメリットがある。


パターン(3)「編み込み式&ウキゴム」

パターン(1)「ウキ止め&ウキゴム」編み込みと市販のウキゴムのコンビネーション。
道糸への負担が少なく、トラブルも比較的少ない固定方式。編み込みにはやや手間とコツが必要だが、その効果は大きい。市販されたものもあるので、手軽にその効果を知りたい人は利用することをおすすめする。比較的大きなウキまで対応する。


パターン(4)ウキ止めゴム(糸)&松葉&ゴム管

パターン(1)「ウキ止め&ウキゴム」様々なウキの脚に対応する万能タイプ。
基本的にはウキゴムとウキ止めゴムとのコンビネーションと変わらない効果がある。
ただ、ウキの固定にはオーソドックスなゴム管(ウレタン系チューブなども使える)を使うので、ウキの脚の直径にかかわらず使えるのがメリット。ウキのサイズも小ぶりなものから大きめのものまで対応できる。


パターン(5)ウキ止め糸&ナイロン糸の 超シンプルウキ止め

パターン(1)「ウキ止め&ウキゴム」カッツケウキなどの小型軽量なウキを使う場合に効果的なウキ止め。
ウキ止め糸を通常の結び方で結ぶ際に、結びコブを作った道糸と同号数のナイロン糸を一緒に結ぶ。
ウキの固定は松葉と同じく、ゴム管を通し、ウキの足をさせば良い。簡単でシンプルな構成なので、4cm以下のウキにマッチする。


機能性を優先し、コストや取り付けやすさを考える

手軽さで言えば「ウキ止めゴム&ウキゴム」の組み合わせが1番。
しかし、コスト的な部分ではウキ止め糸の使用に軍配が上がる。ただ、結びコブを綺麗に作るにはそれなりにコツが必要だ。いずれにせよ、機能面では大きな違いはないものの、手順などに制約のないウキ止め糸のほうが高い利便性だと言えよう。
竹脚、カーボン脚などの様々な素材がウキに使われているが、各素材をスムーズに使うのであるならばゴム管をかえるだけで対応できる松葉式がベストと言える。


>>パワーセットの釣りにベストマッチするウキ「SR-1」の解説はこちら




line

新製品情報製品紹介トピックスコンセプト仕掛集モニター釣行記スタッフブログモニターブログ会社情報プライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 CRUCIAN. All rights reserved.