クルージャン
HOME > 床釣り両ダンゴの仕掛け(夏)

床釣り両ダンゴの仕掛け(夏)

両方の鈎にダンゴ餌を付け、両方の餌が底に着いている状態の釣り方。チョーチン両ダンゴの餌に比べると バラケ性が少なく重い餌を使うのが特徴。なじみ際のアタリもしくは、なじみ切ってからのサワリで あたるアタリを狙っていく。


道糸:ナイロン、フロロ、エステル、0.8号〜1号 PE
ハリス: 0.4号〜0.6号

ハリ:  4号〜6号

基準となる仕掛けは、道糸を0.8号ハリスを0.5号とする。
ハリス30cm〜40cm。
ウキはチョーチン釣りと同様に、水深に合わせてウキを選択していく。後は釣り方に応じてのタイプ分けが必要。
弊社のウキの場合12尺で底釣り13cmがベースとなる。


一般的にナイロンがよく使用される。
ただ、ナイロンラインの特徴として水分を吸水する特性がある。水分を吸水することにより、道糸が縮んでしまう現象がおき、棚がボケてしまう。
そこでお勧めなのがエステルラインやPEラインといった水分を吸いにくい素材のライン。
こういったラインは道糸の変化による棚ボケの心配がなくなるため、快適に釣りをすることができる。
また糸の堅さに違いがあり、エステルラインは直進性に優れている堅めのライン、PEラインはしなやかで細号数でも強度が強く風にも強い。


底釣りは棚取りが重要で、必ず手を抜かないこと。ここの作業を怠ってしまうと、釣果に影響がでる。
基本的には上鈎トントンから釣りを始める。
夏の底釣りの場合、魚が上からおってくる状態になるまで餌を打ち返す。あまり待たないのがポイント。
従来は、ウキがなじんで上がってくるのを待ってあたるアタリを狙っていくが、待つよりもなじんで着底してスグにあたってくるアタリを狙う釣り方もある。


底釣りには両ダンゴ以外にも、両グルテン、両トロ、バラケとグルテン、バラケとウドンといった多種多様な釣り方があり、それぞれに理想的な動きや釣れ方があるのでいろいろ試してみるのも面白い。




line

新製品情報製品紹介トピックスコンセプト仕掛集モニター釣行記スタッフブログモニターブログ会社情報プライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 CRUCIAN. All rights reserved.