クルージャン
HOME > 8月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2013年08月12日掲載 山口要氏からのレポートが届きました。

山口要氏からのレポートが届きました。


連日たまらない暑さが続いていますが体調を壊さず釣りに行けてますでしょう か?
今日は、王仁釣り池での月例会です。
他のクラブも入ってるためかなり厳しい釣りになると思われます。
この池は釣り方は自由な為、殆どの人はメーター迄の釣り方で釣っている様です。
今回はどの様な状態になるのでしょうか。
今日も朝からかなり暑く昼間の暑さを考えるとうんざりするが、今回は汗だくになってカッツケと決めていたので迷いなく準備にかかる。

竿 7尺 道糸 極限0.8
ハリス 極限0.5
浮き SR4 ボディ4cm
針 サソリ太軸5号 上 9cm 下 15cm
餌 ガッテン2〓GTS2〓水1ここで練りを入れてガッテン1で絡める。たなは、オモリから浮きまで30cm両だんごの釣りでスタートする。

私たちの例会場所は土手側桟橋の内向きである。6時30分から例会スタート。
両だんごで出だしから良いペースで釣れると思っていたが、餌打ちから5~6投で魚は寄って来るがなかなかヒットする様な当たりが出にくい。
予定では1時間に1杯ペースでと思っていたが、この調子だと2時間に1杯ペースである。2杯、約50枚弱、ここまでは両だんごで頑張るが、この悪いペースを打開するにはセットしか無いと思いトロ巻に変更する。
ヒット率はかなり良くなるがなかなかおとさない。
しかし、両だんごよりはマシな様である。昼休憩迄に3杯、トロ巻のバラケであるが上記の餌を水で戻し凄麩で絡めた餌であまり揉まないで針付けする方が良かったようである。
ぐっと持して直ぐ当たりがあるときは、ヒット率は高いがサワリも無く、馴染んでしまう時は当たりもあまり無い様である。
終了迄に何とか2杯半 もっと簡単に釣れるはずが、これだけ人が入るとこうも変わってしまうのかと、改めて実感してしまいました。
この時期にあまり麩を立たせると良く無い時が多いが、今日の地合いは麩を立たせる方が良かったみたいであった。

CRUCIAN釣行記
CRUCIAN釣行記
CRUCIAN釣行記

 

mark 王仁釣り池
mark 7尺
極限0.8
極限0.5
mark サソリ太軸5号 上 9cm 下 15cm
ガッテン2 GTS2 水1
ここで練りを入れてガッテン1
mark SR4 ボディ4cm

新製品情報製品紹介トピックスコンセプト仕掛集モニター釣行記スタッフブログモニターブログ会社情報プライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 CRUCIAN. All rights reserved.