クルージャン
HOME > 6月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2013年06月11日掲載 小山圭造氏からのレポートが届きました。

小山圭造氏からのレポートが届きました。


今日もクルージャンカタログ用写真撮影のための釣行ですが、今回は小山圭造さんと千葉県柏市にある清遊湖にやってきました。釣り場は小山さんのこのひと言、「カタログ撮影とは言ってもたくさん釣れた方が楽しいよ!」という、如何にもヘラブナ釣り大好きの小山さんらしい理由で選ばれた訳ですが、釣り座の選定に関しては「他の釣り人の邪魔にならずに、写真が映える背景のポイントが良いよね」という細やかな心配りで、バックに深緑の生い茂る、南桟橋の中央付近に決めました。

小山さんは早速中尺竿での浅ダナ両だんごの釣り支度。私は同湖に来るのは3ヶ月ぶりなので、一昨日の椎の木湖に続いて大好きな底釣りを選択。
小山さんは開始早々からエンジン全開でイレパク状態、私の14尺一杯の底釣りもアタリ出しまでに時間がかかったものの、次第にマズマズのウキの動きを見せ始め、この時期の底釣りとしては十分な釣果を得ることができました。
が、あまりにも小山さんの浅ダナが凄いことになっていたので、堪らず私も浅ダナ両だんごに変更です。
やや長めのサオが良いと言っていた小山さんでしたが、ウキの動きをみる限り短ザオでも十分いけそうでしたので9尺を取り出し、エサは小山さん推薦のブレンドで10時過ぎにリスタート。
直ぐにウキは動き出し、スパッと気持ち良く消し込むアタリで、遅ればせながら私もイレパクに。

CRUCIAN釣行記
CRUCIAN釣行記

それにしても今期の清遊湖は良く釣れます。
ゴールデンウィーク前のこの時期は、丁度セット釣りから両だんごに切り替わる時期で、日並によって釣況がガラリと変わる不安定な季節でもあります。
しかし、周囲を見渡すと圧倒的に両だんごで楽しんでいる方が多く、同湖が完全に両だんご時合いに切り替わっていることが分かります。
小山さんご推薦のエサは、先頃マルキユー㈱より新発売となった『凄麩』をベースにした下記ブレンドパターンです。

◆「凄麩」600㏄+「ダンゴの底釣り夏」200㏄+水200㏄

CRUCIAN釣行記

「ダンゴの底釣り夏」はご存じの通り底釣り用の重いエサですが、決してネバリが強く開かないエサではありません。
小山さん曰く、練らずにボソタッチで持つ「凄麩」の特性を生かすべく、重さだけで湧き上がるヘラブナの群れの中にエサをなじませることを心掛けたというブレンドでしたが、この狙いが見事に的中し、私の9尺浅ダナ両だんごもあっという間に入れ食い状態。

CRUCIAN釣行記
CRUCIAN釣行記

そこで今回も撮影担当者として遥々奈良から来ていた営業部:入江君にバトンタッチ 。
慣れない宙釣りと言いながらもビギナー向きの明確極まりないアタリで、清遊湖の大型ベラの引きを堪能していましたヨ!

CRUCIAN釣行記

昼食休憩後も同様の釣りを続けましたが、午後はヘラブナの湧きが収まると言っていた小山さんはウキをPCムクトップ仕様のSR-3に交換し、なじみ際の早いアタリを狙うアプローチに変更。
私は引き続きスタンダードタイプのASA-6.0でなじませ気味の釣りで再開。
予想通り表層に群がるヘラブナの黒い影は少なくなり、若干エサが持ち過ぎる感じがしたので若干の手水を加えてシットリヤワタッチに調整。
更になじみ際のサワリが少ないときにやや角張らせたエサ付けにするとヒットペースが回復。
撮影も順調に進み、釣果もバッチリ。
小山さんも私も終始笑顔が絶えず、釣れないで苦笑いばかりのカタログ写真にならずに済んでホッと一安心です。

CRUCIAN釣行記

 

mark 2013.4.25(火)
mark 千葉県柏市金山  清遊湖(へら鮒管理釣り場)
晴れ ※南東風 (最低気温16℃/最高気温25℃)
mark シマノ 朱紋峰「神威」 9尺
極弦「へら道糸」1.0号
極弦「へらハリス」上0.5号−20cm/   下0.5号−30cm
mark 上下テキサスSasori HARD-6号
両だんご(上記ブレンド参照)
mark 1.1m(両だんごの浅宙釣り)
mark クルージャン スタンダードタイプ  浅ダナ用 ASA-6.0

新製品情報製品紹介トピックスコンセプト仕掛集モニター釣行記スタッフブログモニターブログ会社情報プライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 CRUCIAN. All rights reserved.