クルージャン
HOME > 4月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2013年04月24日掲載 山口要氏からのレポートが届きました。

山口要氏からのレポートが届きました。


4月になり魚の活性も上がり、冬場の釣果よりは良く釣れる様になりました。
触り、あたりも冬場よりは多くあるのですが、この時期はバラケの幅が非常に狭く一歩間違うと当たりすら無くなってしまいます。
さて、今月の月例会はどうなるのでしょうか?

今日の抽選結果は今年初めての奥ますの真ん中に当たる。久しぶりなので カッツケする事に!

竿 8尺 道糸 極限 08
ハリス 極限 04
ハリ 上 サソリ8号 6cm
下 サソリ4号 30cm
浮き クルージャンSR4cm

バラケ 粒戦05 トロスイミー05 
水2 マッハ2 パウダーベイトスーパーセット2 BBフラッシュ1

食わせ あたり

天候は非常に寒く、風もあり少し釣り辛い。オモリから浮きまで50cmのところを 探る。
3~4投で一枚釣れる。そこから次がなかなか当たりがない。魚の姿もあまり無く不 安になるが、周りのチョーチンも今ひとつの様なので焦らずじっくりといく。バラ ケをグッともたして抜けて直ぐのあたりか、バラケの付いている時のあたりに絞ってリズム良く餌打ち を繰り返す。
これが良かったのか、8時30分で20枚、検量できる。ここから案の定、食い渋りが始 まる。バラケを持してもヒットする当たりが出ない。バラケが抜けてからの当たり は、糸ずればかりである。これは、バラケ餌が少しでも粘りが出ると、失敗するパ ターンの状態になりつつある為、出だしのバラケの持ち幅より若干甘く付ける。麩を 殺さない様に針付けする事に!
これが良かったのか、ヒットする当たりがそこそこ出る様になり、10時30分の時点で 16キロでる。11時から後半戦である。しかし風が強い、8尺でも正確に振れない。 テントも横倒しなるぐらいである。昼から風がますます強く、浅い棚を諦めてチョー チンで、と云う思いもあったが、1時までは浅い棚で何とか頑張って二回目の検 量できる。ここで浅い棚を諦めて、チョーチンに変更する。
8尺チョーチン 浮きSR3 ボディ6cm
ハリス45cm
バラケ 浅い棚のバラケに少し水を足して細粒でしめる。
チョーチンの釣り方もぐっと持してその時のあたりに絞る。
浅い棚よりは魚の量が多く期待するが、ヒットする様なあたりがなかなか出ない。
また波がひどく浮きも引っ張られて、上手く釣る事が出来ないまま終了になる。
やはり、バラケの幅は非常に狭く 少しでも粘りが出ると糸ずればかりになってしまい、非常に難しい状態でした。比 較的良かったのは、バラケはある程度持たせ気味にするのだが、麩を殺すと当たり はなくなる為ある程度粘りが強い餌であまり揉まなくても持つ餌がいいみたいで あった。一度試してみてください。
結果 29.8kg 1位でした。

CRUCIAN釣行記
CRUCIAN釣行記

 

mark 水藻
mark 8尺
極限 08
極限04
mark 上 サソリ 8号 6cm
下 サソリ 4号 30cm
バラケ
粒戦05
トロスイミー05
水2
マッハ2
パウダーベイトスーパーセット2
BBフラッシュ1
食わせ
あたり
mark クルージャンSR3 クルージャンSR4

新製品情報製品紹介トピックスコンセプト仕掛集モニター釣行記スタッフブログモニターブログ会社情報プライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 CRUCIAN. All rights reserved.