クルージャン
HOME > 3月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2013年03月25日掲載 山口要氏からのレポートが届きました。

山口要氏からのレポートが届きました。


ようやく厳しい寒さから春らしい季節になってきました。
魚達も春めいてくれればいいのですが?
3月17日 天候晴れ 朝は4度、まだ少し寒さがのこります。
お昼はかなり温度が上がるそうです。まだまだこの気温ではチョーチンの方が無難であろうと思い8尺チョーチンでスタートする事にします。

8尺チョーチン
道糸 極限 06
ハリス 極限03 針 上 サソリ 8号
下 サソリ 食わせ3号
上 6cm 下 40~50cm

浮き クルージャン SRー3 6cm
エサ 粒戦1〓水2〓パワーX2〓プログラム1〓BBフラッシュ1

食わせ あたり

ハリス50cmからスタート。
一投目からサワリがあり、二投目には一枚目が釣れる。
結構いい反応が朝からある為、10枚目ぐらいからハリス45、40と詰めていくがなかなかピタッとくる長さが決まらず、迷いながら8時30分に一回目の検量する。この時まではバラケを結構早く抜いてしまい、食わせだけになった状態からの誘いで良くヒットしていたが、9時を回った時点からプレッシャーがかかり始めこのやり方ではなかなかピタッとくるものがなくなってしまいました。
ここからはバラケの持たせ幅とハリスの長さで調整して行こうと思い、バラケの持たせ幅を長くするときは細粒を多めにふりかけ、ハリスはバラケの持たせ幅が多めのときは短い目で、あまりバラケを持たせないときは長目で、昼休憩までになんとか二回目の検量する事が出来ました。

昼からは何時も食い渋りがもっとひどくなる為、一応なじみ幅を多めに取るような釣り方から入る。バラケの配合は全く同じでいく。
いつもと少し様子がちがってなじみ幅が少ない釣り方をしている人の方がかなりのペースで釣っている。私のペースよりいい感じである。
また、浅い棚を釣っている人も午前中よりはいい感じで釣っている様子である。私のペースは、午前中よりはダウンで三回目の検量は2時にやっと計れたと云うペースでした。
この時点での釣り方は、なじみ幅を多くしたり少なくしたり、いろいろしながらなんとか釣っている感じでしっくりとこない釣り方である。
2時を回った頃から食い渋りがまたひどくなり浅い棚の人もなかなかピタッと決まらないみたいである。
結局、四回目の検量は終了後で総重量32kgでした。
魚達は確実に春らしい季節の動きをするのだがやはり月例会ともなるとプレッシャーが厳しいのか、なかなか口を使ってくれない一日でした。
この時期は、こまめなハリス調整とバラケの持たせ幅との調整で釣果をのばして下さい。

CRUCIAN釣行記
CRUCIAN釣行記

新製品情報製品紹介トピックスコンセプト仕掛集モニター釣行記スタッフブログモニターブログ会社情報プライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 CRUCIAN. All rights reserved.