クルージャン
HOME > 仕掛集

仕掛集

ヘラブナ釣りは餌とウキ、そして仕掛けのバランスが合って成立するものです。
理想とするウキの動きやアタリを求めるのなら、仕掛けにこだわろう。


ウキの各部名称


浅ダナウドンセット(パワー系)

ハイペースにエサを打ち、釣り込むときは一気呵成に釣り込む…じっくりと状況を読んで進めていくのがセット釣りの基本的なスタイルだが、パワー系のウドンセットは冬場のセット釣りにはない激しさが加わる。そこで仕掛けには、トラブルを未然に防ぐ要素と強度である。

>>「浅ダナウドンセット仕掛け」の解説はこちら



ウドンセットの仕掛けについて

ヘラブナ釣りの仕掛けの中で、最も重要と思われる箇所がヘラウキを固定する方法ではないだろうか。 仕掛けの中で最もかさばりやすいことから、糸絡みしやすく、ここから高切れすることがあり、釣り人にとって悩ましい部分であるといえよう。今回はこのウキ止め箇所のトラブルを減少させるべく、ウキ止め方法について触れてみよう。いくつかのパターンを取り上げ、その特徴や良さについて説明しよう。

>>「ウドンセットの仕掛けについて」の解説はこちら



浅ダナ両ダンゴの釣りの仕掛け

暖期はダイナミックなヘラブナ釣りが楽しめる季節。特に夏を中心に楽しめる浅いタナの両ダンゴはエサのタッチを合わせると、ヒット率の高さとあいまって爆発的な釣果を得ることができる。大釣りが期待できるこの釣り方は「エサ合わせ」が重要ポイントとなるが、スムーズにエサ合わせの作業を進めるためにも、ウキに過不足のない力の伝達が必要といえる。そこで、両ダンゴの釣りにおける仕掛けについいて触れてみよう。

>>「浅ダナ両ダンゴの釣りの仕掛け」の解説はこちら



チョーチン両ダンゴの仕掛け

両方の鈎にダンゴエサを付けた釣り方。ダンゴエサに反応が強いシーズン(主に夏場)に使う仕掛け。 浅ダナ両ダンゴより良形が揃いやすいのが特徴で、タナを作りヘラブナを寄せながら釣る。

>>「チョーチン両ダンゴの仕掛け」の解説はこちら



チョーチンウドンセットの仕掛け(冬)

主に活性の低い厳寒期などに使う釣り方。上鈎にバラケエサを付けて下鈎に食わせ餌のウドンを付け て使う。ダンゴ餌よりも粗い麩餌を使った集魚性の高いバラケ餌を使い、ヘラブナを寄せクワセ餌の吸 い込みの良いウドンで釣る。

>>「チョーチンウドンセットの仕掛け」の解説はこちら



床釣り両ダンゴの仕掛け(夏)

両方の鈎にダンゴ餌を付け、両方の餌が底に着いている状態の釣り方。チョーチン両ダンゴの餌に比べると バラケ性が少なく重い餌を使うのが特徴。なじみ際のアタリもしくは、なじみ切ってからのサワリであたるアタリを狙っていく。

>>「底釣り両ダンゴ仕掛け」の解説はこちら



段差の底釣りの仕掛け

主に活性の低い厳寒期などに使う釣り方。上鈎にバラケエサを付けて下鈎に食わせ餌のウドンを付けて使う。 下鈎のクワセ餌だけを底に着けて釣る釣り方。主にバラケ餌が抜けた後に出るサワリからのアタリを狙う。 ヘラブナの活性が低いので小さなアタリが多い。

>>「段差の底釣りの仕掛け」の解説はこちら




line

新製品情報製品紹介トピックスコンセプト仕掛集モニター釣行記スタッフブログモニターブログ会社情報プライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 CRUCIAN. All rights reserved.