クルージャン
HOME > 段差の底釣りの仕掛け

段差の底釣りの仕掛け

主に活性の低い厳寒期などに使う釣り方。上鈎にバラケエサを付けて下鈎に食わせ餌のウドンを付けて使う。 下鈎のクワセ餌だけを底に着けて釣る釣り方。主にバラケ餌が抜けた後に出るサワリからのアタリを狙う。 ヘラブナの活性が低いので小さなアタリが多い。


道糸:ナイロン、フロロ、エステル、0.5号〜0.8号 PE 0.3号〜0.6号

ハリス: 0.4号〜0.6号

ハリ:  上鈎 5号〜8号
     下鈎 2号〜4号

基準となる仕掛けは、道糸を0.6号ハリスを0.3号とする。
ハリス30cm〜60cm。
ウキは水深に合わせてウキを選択していく。基本的にはバラケが抜けてからのアタリを狙っていくため、 PCムクトップやグラスムクトップのウキがお勧め。

弊社のウキの場合、11尺でウインターVer段床10cmがベースとなる。


冬場などでは、風や流れの影響で仕掛けが流れてしまうため、0.8号や1号よりも細い0.6号の道糸をお勧めする。またナイロンラインは特徴として水分を吸水する特性がある。水分を吸水することにより、道糸が縮んでしまう現象がおき、棚がボケてしまう。
そこでお勧めなのがエステルラインやPEラインといった水分を吸いにくい素材のライン。
こういった素材の道糸を使うことによって、道糸の変化による棚ボケの心配がなくなり、安心して釣りをすることができる。


最も重要となってくるのが、棚取り。最初はうまく棚が取れていても、魚を釣っているうちに底が掘れたり、道糸が変化したりして気付けば棚が取れていないことが良くある。
ウキのエサ落ち目盛り等をしかっり見て、おかしいなと思ったらマメに底を測りなおすことをお勧めす る。この作業を怠らないことが良い釣果へつながる1歩となる。
また、エサ打ちのペースにも気を付けたいところ。
あまり打ちすぎるとウワズリの原因になり、収拾がつかないことになるので丁寧にエサを打っていく。


水中では必ず同じ状況が毎回続いている訳ではなく、急に魚が寄ってきたり、風が出てきたり、流れが 出たり、ハリスが絡んだり、底が掘れたりすることがあることをしっかり把握しておくこと。




line

新製品情報製品紹介トピックスコンセプト仕掛集モニター釣行記スタッフブログモニターブログ会社情報プライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 CRUCIAN. All rights reserved.