クルージャン
HOME > 浅ダナ両ダンゴの釣りの仕掛け

浅ダナ両ダンゴの釣りの仕掛け

暖期はダイナミックなヘラブナ釣りが楽しめる季節。特に夏を中心に楽しめる浅いタナの両ダンゴはエサのタッチを合わせると、ヒット率の高さとあいまって爆発的な釣果を得ることができる。大釣りが期待できるこの釣り方は「エサ合わせ」が重要ポイントとなるが、スムーズにエサ合わせの作業を進めるためにも、ウキに過不足のない力の伝達が必要といえる。そこで、両ダンゴの釣りにおける仕掛けについいて触れてみよう。



1mのタナで両ダンゴをする場合道糸は1号程度でよい

感度と強度といった条件を満たすには、細く強い道糸、ハリスを使うことが条件になるが、必要以上に神経質になることはない。それよりも、その釣り場で釣れるヘラブナの平均サイズを中心に仕掛けの全体的な構成を組み立てるべきだろう。
平均サイズが尺までなら道糸は0.8~1号で十分。これでもやや太いと感じるかもしれないが、盛期の釣り場では沸き返るようにヘラブナが寄る場合もあり、スレ掛かりや食い走りといった予想外の状況に見舞われることがある。そういったマイナートラブルに対応するには、十分な強度がある号数の道糸(0.8~1 号)を使うほうが安全だろう。


具体的な仕掛けの構成

浅ダナ両ダンゴの釣りの仕掛け仕掛けについて具体的に説明してみると、
●道糸:0.8号
●ハリス:上0.4~0.5号15~30cm、
 下20~40cm(上下のハリス段差は5~10cmの範囲内に収める)
●ハリ:5~6号(中軸)

基準となる仕掛けは、魚が濃い場合や大型が中心なら道糸を1号、ハリスは0.5号とする。釣れるヘラの平均サイズが9寸ぐらいまでならワンランク細い構成でも十分だ。ハリスの長さはヘラの食い気に応じてアレンジが必要で、積極的にエサへアタックする場合は上8~10cm、下13~15cmの短バリス仕様が効果的。 一方、活性の低いヘラブナを相手にするためには、長めのハリスが効果的。その場合は下バリのハリスの長さを上25cm、下33cmを基準に最長40cmぐらいまで下バリの最長として設定し、カラツンの頻度や糸絡みの頻発する程度に応じてコントロールする。


両ダンゴを楽しむウキ選び

両ダンゴの釣りはセット釣りとの決定的な違いは、アタリを取るタイミングだといっていい。もちろん、いずれの釣りも「なじませ釣り」(ウキをエサの重みでトップ先端までなじませ、エサ解けによって戻してからのアタリを狙う釣り方)が基本だ。しかし、両ダンゴの釣りの場合は、エサ落ち目盛り周辺から、それよりも上で出るアタリならばナジミ途中のアタリを取ったほうがヒット率は高い。そのため、ウキの形状はなじみ切るまでの時間がある程度稼げるものが使いやすい。
長めのハリスを用いるときはなじみ込む時間を稼ぐために「SR-2」が使いやすいだろう。また、ヘラの受けが強いときはPCムクトップが装着された「SR-3」を使うと餌をなじませやすくなり、早いアタリでの釣りが楽しめる。もし、積極的にエサへアタックするヘラが多いなら短バリスを使った仕掛けに「SR-1」のようなトップ、脚の長さがあまり長くないものがよい。


各接合部分はシンプルにまとめたい

どんな釣りでも言えることだが、ハリスやウキゴムなどの各接合部分はトラブルが発生しやすいので、シンプルに構成するのがセオリーと言える。セット釣りの仕掛けのページでも説明したように、竿の穂先との接合には「ぶしょうつけ」が簡単。
ウキの固定にはトラブルが少ない、ウキゴム、ウキ止めゴムの組み合わせ、あるいは、ウキ止め糸と松葉の組み合わせがいいだろう。道糸、ハリスの接合部分は、ハリスの絡みやキズの防止にウレタンチューブを通しておき、ワカンなどを使ってハリスを連結するスタイルが軽量でおすすめだ。

>>両ダンゴの釣りにも対応する「crucian SR-1」の製品紹介はこちら




line

新製品情報製品紹介トピックスコンセプト仕掛集モニター釣行記スタッフブログモニターブログ会社情報プライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 CRUCIAN. All rights reserved.