クルージャン
HOME > チョーチン両ダンゴの仕掛け

チョーチン両ダンゴの仕掛け

両方の鈎にダンゴエサを付けた釣り方。ダンゴエサに反応が強いシーズン(主に夏場)に使う仕掛け。 浅ダナ両ダンゴより良形が揃いやすいのが特徴で、タナを作りヘラブナを寄せながら釣る。


道糸:ナイロン、フロロ、エステル 0.8号〜1号

ハリス:0.4号〜0.6号

ハリ:5号〜6号

基準となる仕掛けは、道糸を0.8号ハリスは0.5号とする。
ハリスの長さは、上鈎が30cm〜40cm 下鈎が40cm〜50cm。
またタナの深さに応じてウキのサイズを選んでいく。
弊社のウキの場合8尺チョーチンで深宙9.5cmがベースとなる。
そこから状況に応じて番手を上げるか下げるかを選択していく。


道糸には主にナイロン、フロロカーボン、エステル、PEと大きく分けて4種類あります。
一般的に多用されるのは、しなやかでどの釣り方にも対応できるナイロンラインの0.8号〜1号。
また、ナイロンと同様におススメしたいのがエステルライン。
あまりヘラ釣りにおいては、聞きなれないラインなのですが直進性が最大の特徴で、ウキの 足回りのトラブルが激減し、直進性に優れている為仕掛け全体のトラブルも激減。


基本的にはエサ落ち目盛り〜なじみきるまでのアタリを狙うことで、自然に棚に魚を集めること ができる。初心者の方は、とにかくウキをなじませるという意識をもって釣り込んでいくと良い 釣果につながる。




line

新製品情報製品紹介トピックスコンセプト仕掛集モニター釣行記スタッフブログモニターブログ会社情報プライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 CRUCIAN. All rights reserved.