クルージャン
HOME > 浅ダナウドンセット(パワー系)

浅ダナウドンセット(パワー系)

寒い時期やヘラブナの活性が低下した状況下で効果的な釣りであったが、今や季節をとわないメインテクニックとなったウドンセット釣り。裏を返せばそれだけヘラブナが学習し、釣りにくくなったわけだが、最近では季節や釣り場の状況に応じた細分化が進み、大きなエサを使う「パワーセット」というスタイルも登場し、高活性時にも対応できるスタイルが確立された。


トラブルを起こさない強度重視の構成で

ハイペースにエサを打ち、釣り込むときは一気呵成に釣り込む…じっくりと状況を読んで進めていくのがセット釣りの基本的なスタイルだが、パワー系のウドンセットは冬場のセット釣りにはない激しさが加わる。そこで仕掛けには、トラブルを未然に防ぐ要素と強度である。


具体的な仕掛けの構成

パワー系セットの仕掛け図仕掛けについて具体的に説明してみると、  
●道糸:0.8号  
●ハリス:上0.4号5~10cm、下15~40cm  
●ハリ:上5~6号(中軸)、下3~5号(中軸)

基準となる仕掛けは、道糸を0.8号、ハリスは0.4とする。ハリスの長さは釣りに行く釣り場の傾向に合わせるのが最良だが、30cm程度の長さから釣り始め、あたりが出にくいなら長く、カラツンが頻発するようなら短くする。調整の幅は5cmを目安に、20cmよりも短くなるときは3cm刻みでもいいだろう。


ウキの選び方

ボディーの形状はオモリが乗るようなやや太めのボディーで、トップは根元が1.5ミリ径、先端部にかけては1.3ミリ程度と、あまりテーパーがきつくなく、ストロークのあるものが理想だ。
素早く立ち、スムーズになじみ込みながら、大きめのバラケエサを抱えるのが理想。
サイズはタナ、よってくる魚の密度に応じて選ぶが、1mのタナならば5.5~6.0cmから使い始め、状況に応じてサイズのアレンジを行えばいい。


各接合部分はシンプルにまとめたい

ハリスやウキゴムなどの各接合部分はトラブルが発生しやすいもの。糸がらみや結びが甘いと高切れなどの致命的トラブルにつながる。
まず、竿の穂先との接合には「ぶしょうつけ」という方法が簡単で覚えやすい。また、ウキ止め糸を転用する方法も便利だ。
ウキの固定には、ウキゴム、ウキ止めゴムの組み合わせ、あるいは、ウキ止め糸と松葉の組み合わせなど、トラブルが少ないことを優先して選びたい。
道糸、ハリスの接合部分は、ハリスの絡みやキズの防止にウレタンチューブを通しておき、ワカンなどを使ってハリスを連結する。

>>パワーセット用ウキ「crucian SR-1」の製品紹介はこちら




line

新製品情報製品紹介トピックスコンセプト仕掛集モニター釣行記スタッフブログモニターブログ会社情報プライバシー・ポリシー

Copyright © 2015 CRUCIAN. All rights reserved.